情報公開

教育・財務情報

i. 教育研究の概要 - 東京家政学院大学

8.学生支援と奨学金に関する情報

■学生支援組織
 項目組織名機能
東京家政学院大学就職支援



|

 求人票の収集と保管・学生への開示(ネット開示を含む)を行い、学校推薦等に対応している。
 また、就職支援のために資格試験対策講座を含めた各種講座を準備し、就職ガイダンスで学生に受講を促している。就職支援の一貫として、履歴書の書き方から面接対応などの試験対策、企業選択、内定辞退等の就職相談、進路登録管理、進路調査、就職活動実績把握、進学実績把握及び卒業生も含めた連絡活用のメールアドレス管理、ネットシステム管理も行っている。

進学支援

 進路登録管理、進路調査、教員への進路状況の報告を行っている。大学院の情報入手も行っており、学生への指導は、主に卒研担当教員が支援している。

履修支援

学習支援室
 学生に対する学習の支援を目的とした学習支援室を設置し、学習習熟の相談、履修登録に関する相談などに対応している。

クラス担任
 学生40人程度を単位とするクラスを設け、クラス担任は学生生活全般についての相談窓口の役割を担い助言・指導を行っている。

オフィスアワー
 各教員がオフィスアワーを設置し授業に関する質問等に対応している。

生活支援
( 住居、
アルバイト等 )

住居
 在学生、新入生の住居を斡旋している。学生の希望を聞き、大学指定の学生マンション、学生会館を紹介している。
 また、地元の信頼できる不動産業者を介して、大学周辺のアパートを紹介している。

アルバイト等
 全国248の国公私大が加盟している学生アルバイト情報ネットワーク((株)ナジックアイサポート)に加盟し、安心且つ安全なアルバイト情報を提供している。また、公的機関からのアルバイトも提供している。

経済支援

授業料等減免制度
 勉学への強い意志を持ちながらも、家計の状況の急変又は経済的理由により修学が困難な学生(私費外国人留学生は除く)からの申請に基づき、授業料、施設設備資金を減免する(減免額は入学年度により異なる)。

私費外国人授業料減免制度
 在留資格「留学」を要する私費外国人留学生からの申請に基づき、入学金、授業料、施設設備資金を減免する(減免額は入学年度により異なる)。

保健・衛生・
メンタルヘルス等

保健管理センター
 月2回勤務の学校医1名、常勤の看護師3名、非常勤の看護師1名で、学生の健康面の維持・相談にあたっている。

メンタルヘルス
 学生相談委員として本学教員10名と看護師が、常時学生のメンタルヘルス相談にあたっている。また、専門職カウンセラーとして月1回精神科医師が、週2回臨床心理士が、学生のカウンセリングにあたっている。


■奨学金
 種類要件申込方法

学校法人東京家政学院奨学金勉学に努力した成績優秀者各学科からの推薦に基づく
光塩会奨学金勉学に努力した成績優秀者各学科からの推薦に基づく
学校法人東京家政学院
創立90周年記念光塩会奨学金 
家計の状況の急変又は経済的理由により修学が困難な学生

学務グループを通して申し込む

東京家政学院大学修学特別奨学金経済的理由で修学の継続が困難な、学業に優れた学生学務グループを通して申し込む

日本学生支援機構奨学金日本学生支援機構の応募要件に基づく学務グループを通して申し込む

※国による高等教育の無償化が実施され、本学が対象校に認定された際は、本制度を実施しない場合があります。